プライバシーポリシー 利用規定 サイトマップ
専用電話:03−5219−2025

遺言・相続:ひとときコラム


(その1)不意打ちのショック

 

 ある女性の母親が亡くなりました。父親は、すでに亡くなっていて、生前は大きな病院を創業して経営し、その手腕の賜物で病院は大繁盛していました。母親も病院の発展に裏方として、事務局を切り回す女傑であした。したがって、遺産も相当な額になっていました。病院は、創業者死亡後は、長男(病院経営を継いだが、すでに死亡していた)の子供が継いでいました。その女性は、創業者の長女でしたが他家に嫁ぎ、病院経営に直接の関係をしていませんでした。しかし、しっかりもので太っ腹であり、嫁ぎ先が裕福なこともあって、実家に立ち寄って、病院の経営をしている甥を励ましたり、病気の母親を見舞っていました。実家の繁栄は甥の病院経営が堅実に運ぶことが必要でしたから、それを気にしていた。

 その母親が死亡したとき、遺言書が出てきました。内容は、病院経営に必要な不動産などの資源を甥(遺言者の孫)に与え、実子である長女および二女には、借家などの資産を与えるということでした。

 この内容は、病院経営を中心とするためには、やむを得ぬ内容であるし、第三者が冷静に検討しても、妥当性を欠くところはなく、長女、二女に贈られた財産も遺留分は確保されていました。

 そして、長女、二女も遺言書の内容自体については、異存がありませんでした。
しかし、それでも長女は遺言に我慢がならないといいました。その理由の一つは、遺言は母親が脳梗塞に倒れて、その意思が不明確な時期に作られた可能性があること。遺言の内容が遺言者の意思に反しないとしても、母親を利用するように作成したことが、甥に裏切られたという思いから払しょくできないこと。長女(その女性)を遺言で排除しなければ病院経営が心配であるとの甥が考えていたと思うと、心穏やかではないこと。その女性は、自分をそのような眼で甥が見ていたこと自体が、甥の裏切りであると言いました。また、そうした遺言を母親に作らせながら、素知らぬ顔をして、母親の死亡まで顔を合わしていた甥が許せないと言うのです。甥の父は、遺言者の長男であり、長女の兄でもある。長女は亡くなった兄の妻とその息子である甥が病院経営で苦労している姿を見ており、何とか経営を堅調に行かせるために助けるという気持ちで終始いたのに、その長女の善意の気持ちを素直にとらないで、財産目当てで実家に顔を出していると思われていたかと思うと、腹の虫が収まらないと言うのです。

 こうした長女の気持ちはもっともなことです。甥の立場は、最初から長女を蔑ろにする遺言を作る気持ちはなかったかもしれません。また、万一の場合を考えて病院経営のリスクを軽減するために遺言を作ってもらうという気持ちも立場を考えれば当然かもしれません。

 しかし、理屈で理解できても、遺言書をこっそりと作った甥の気持ちに、何か後ろめたい気持ちが無かったというと、どうでしょうか。こうした遺言が明らかになったとき、日ごろ親切にしてくれている叔母(長女)がどんな気持ちになるか、この甥は考えたことがあったでしょうか。

 このケースから次のことが言えます。一番目は、遺言は本人がしっかりとしているときに作らなければならないということ。病気になって頭の働きが鈍くなってからでは、不利な遺言を作られた相続人関係者は、誰が遺言の黒幕かを穿鑿して、関係がとげとげしくなるし、遺言の内容を素直に認めなくなってしまいます。

 二番目は、遺留分を侵すような一方的な遺言は、作ってはいけないということ。この件でも、最終的に泥仕合にならなかったのは、最低の遺留分が認められていたからです。

 この件は、最終的には、双方の弁護士が交渉して、裁判所の問題にせずに、無事に決着しました。しかし、長女と甥とは、予想通り、その後何十年も交渉が途絶えたままです。


前のページに戻る
コラム2へ


ホーム事務所概要業務分野メンバー著書・論文
採用情報特色遺言 遺産相続 相談窓口アクセス

このページのトップへ